天国・地獄・大地獄

舞台/映像✱記録用

エリザベート〜愛と死の輪舞〜 【感想】

 

 

1998年、宙組公演です。

 

《ストーリー》

前回ブログ参照

 

《キャスト》

(公演プログラム記載順)
姿月あさと

花總まり

和央ようか

湖月わたる

朝海ひかる

高ひづる  (他)

 

 

《感想》

 

演じる役者さんによって解釈が異なると思う。

姿月さんのトートはずしんと重たい感じ。

花總さんのシシィはガラスみたい。冷たいひんやりとしたシシィ。

 

 

花總さんの歌は最初不安定だったけど

私だけにあたりから一気におお??ってなるくらい上手くなった

あれが宝塚トップの実力か〜なんて思ったり。

 

 

役者ひとりひとりの声がとても聞き取りやすくて

セリフも歌も良かった。

 

 

姿月トートはがなりが好きです

ミルクの時のトートが一番好きかな!

あと口付けのときの優しさと言ったらもう!!

 

 

個人的にルドが良かったです。

可愛い…。

フィナーレのときのルドルフさん可愛い。

 

 

フランツさんお歌上手いし演技うまいしかっこいい!

年老いてからのフランツには思わず同情しそうになりました。しないけどね!

 

 

ルキーニは狂人感ありましたね〜

あの前髪ぴよってなってるのがすき!良きかな◎

 

 

我ら息絶えし者どもが一番よかった。

最初の1曲目で心持っていかれるね〜!